<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
第二の故郷より
120811_181618_ed.jpg
なんて懐かしのとようけ屋山本さんの名前なんでしょ!!

京都在住の頃、

よく買いに行っておりましたなぁ゜+。(*´∇`)。+゜


あ〜懐かしや我がみやこライフ。

仕事疲れも吹き飛ぶ

嬉しい贈り物に

我が父"えいちゃん"も大喜び( ̄▽ ̄)

まけ姉、ほんまにありがとう(v^-゜)
* 18:42 * comments(1) * - *
永遠のソウルフード?!
20080430201728.jpg
今宵の夕飯は何ヶ月ぶりかのお好み焼き♪

お豆腐入りのふわふわ焼きと野菜沢山の焼きそばをチョイスしたので

胃弱体質なわたくし達でも最後まで美味しく完食(o^-’)b

年々、食べる回数は減ったけれど

時々無性に恋しくなるのだから魔可不思議デスヨ(笑)

それにしてもお好み焼き屋で滞在時間二時間って(^_^;)

どこでもどんな時でも長居出来るこの習慣は

ある意味特技とでも言うのかもね( ̄▽ ̄)
* 23:01 * comments(0) * - *
年の瀬の過ごし方〜食卓編〜
20071230200228.jpg
本日の夕食。

彩り冬野菜のシチュー、
きのことレタスのしゃきしゃき炒め・バルサミコ酢がけ、
そしてレンジで温めただけの簡単温やっこ♪

あらまあ〜w(°0°)w

何ともアンバランスな献立だこと(笑)

でもいたしかたありません!

乙女たるもの
マサヒロの熱〜い視線から目をそらす訳にはいきませんから(笑)
* 20:01 * comments(0) * - *
思わずうっとり…
久々にお豆腐ネタupです☆

我が妹“奥ちゃん”の住む広島に遊びに行くと
必ずと言っていいほど買っていてくれる男前豆腐の商品。

今回はおでん用にと厚揚げが準備されてました(^.^)b
20061116_165882.jpg
その名も“絹揚番長”
相変わらずの素敵なネーミングに男前な決めゼリフ。
わたくしの笑いのツボを刺激しまくりデスヨ!!

“さわってごらんつるつるだよ”
…て触りたくなるじゃない(笑)

で、おでん作りに名乗り出たわたくし(^o^;
触ってみたらホントつるつる!
「さわってみてー!」
と奥ちゃんにも勧めたくらい気持ちよかった〜(笑)

そのつるつる感を伝えたくて半分に切った厚揚げの写真。
20061116_165885.jpg

う〜ん、厚揚げ白いし
携帯の写真だからうまく伝わらない(汗)
これぞ手にした人のみの特権!?
…ということなので(無理矢理のまとめ)気になる方は買って試してみてね☆彡
* 23:44 * comments(0) * trackbacks(0) *
沿線の旅・食事編〜京の都の1日目〜
等持院へ行く前にお昼ご飯を食べたことすっかり忘れてました汗

この日はお豆腐を食べると決めてたので
等持院駅1つ手前の竜安寺道で下車。
歩いてすぐのとこにある禅豆腐”六田(ろくた)”さんへ。

1Fはお豆腐屋さんで2Fが食事処となってます。
開店時間直後だから余裕で入れるかな〜と思いながら2Fへ。
『こんにちわ〜』
『・・・』
もう一度声を掛けたがまったく返事なし…。
しかも店内は真っ暗ひやひや
『あれっ?今営業時間だよね??』
と思いつつ、1Fに降りてお店の方に聞くと
『お父さ〜ん、2Fにお客さんよ〜』
と声をかけたのはここのお店の奥さん。

バタバタ〜とご主人が2Fへジョギング
『今から冷房も入れますから…』とお店の明かりを点け、営業開始です!


メニューは”奴セット”と”湯豆腐セット”の2種類。
(単品メニューも有ります)
わたくしは前者を注文。

左上から…梅豆腐(辛子豆腐かどちらかを選べる)

そのお隣はあっさり目のごま豆腐(or湯葉豆腐)
わさび苦手なんだけど、
ゴマ豆腐との組み合わせだったら何故だか食べれるモグモグ
その下のは香ばしく炙られたお揚げさん♪

そして右上…飛龍頭の煮付け。
お箸を入れると中からぎんなんや百合根がゴロッと出てきました。
味が良く滲みていてご飯が進む進む!

”ゆず味噌”と”田楽みそ”の2種類の豆腐田楽。
一口サイズで食べやすい。
味噌だれが余ったので
焼きあげに付けて食してみたらこれがまた意外といけるグッド
   ↑
 (センス疑う!?いえいえ何でももチャレンジ精神が大切ということでイヒヒ

”梅豆腐”の中はこうなっておりますの。

梅肉は見るだけでも口の中が酸っぱくなりますよね〜
食べ応えのある大きさでこれだけでお腹いっぱいになりましたプシュー

食べ終わるとご主人から
『これからどこを観るの?』と聞かれ
『等持院です!』と答えると
お店からの最短距離を教えてくれましたひらめき
親切なご主人だったな〜
こういうやりとりも旅の醍醐味でもありますね〜
禅豆腐”ろくた”さん、アットホームな感じのお店でした猫2


ろくたさんのHPはこちら

* 23:55 * comments(0) * trackbacks(0) *
京のうまいもん
先月、京都に行ってから今日でちょうど一ヶ月。
月日がたつのは早いもんですプシュー
…と思い出したかのように”静家”さんで頂いた湯葉づくしコースの写真をUP。
でも一ヶ月も前のことなのでかなりあやふやな記憶で書いていくとします。200605131957000.jpg
最初に出てきたのはわらぶき屋根の家の形をした器。
中には何が入っているにかな〜とわくわくしながら蓋を取ってみると…
200605132251000.jpg
汲み上げ湯葉二品.
ゴマ豆腐とお豆腐の中間とでもいうなかな〜ねっとりした口当たり。
ゆずもろみとわさび醤油で頂きました。200605140024000.jpg
続いては刺身ゆば。
シコシコとした食感でこれまた美味モグモグ
箸休めにくこの実の梅酒漬けが添えられてました。
200605140026000.jpg
三品目はメインの湯葉ステーキ。
バターで焼いて焦さないように…と急いで食べたな〜汗
200605140029000.jpg
ステーキと一緒に出てきた湯葉サラダ。
湯葉を揚げた湯葉チップスは家でも作れそうひらめき200605140032000.jpg
これは自分でにがりを入れて作る手作り豆腐。
にがりを入れ過ぎてちょっと苦みの効いた(!?)お豆腐が出来上がりました。
おっーとこの前に湯葉を入れてしゃぶしゃぶとして食べたんだった汗
200605140030000.jpg
”美山鼓(みやまづつみ)の炊いたん”は
百合根を裏ごしたものに銀杏ときくらげを入れ湯葉で包み甘辛く煮た物。

200605140119000.jpg
ご飯と一緒に出て来た”竹湯葉の佃煮”
竹湯葉とは湯葉を引き上げる時に使う竹串に残った湯葉のことを言うんだそうです。
この佃煮と手作り豆腐をご飯の上にのせて食べました。
(この時点で私の胃の許容量は限界を越しておりましたあせあせ
200605140121000.jpg
そして締めのデザートの”豆乳プリン”
つる〜んとあっさりるんるん
甘い物は別腹ですねラッキー
200605132259000.jpg
締めて3990円の湯葉尽くし膳。
一品ずつ説明を聞きながら一時間半かけて堪能!
お店の皆さんも良い人ばかりで素敵な時間を過ごせましたわーい
しかし我ながらよく完食できたもんだな〜と思う今日この頃であります…ハイ。

静家さんのHPはこちら
* 22:20 * comments(0) * trackbacks(0) *
噂の豆腐!?
20060507_4718.jpg

プロフィ−ルに好きな食べ物はお豆腐と書いてあるのに
写真ばかりためて一つもupしてない私たらーっ
本当に好きなのか!?と一人ツッコミ状態。
まっ気を取り直して今日から少しづつupしていくとしましょ!

これは広島の妹のとこで食べた”男前豆腐店”の絹ごし豆腐。
その名も”風に吹かれて豆腐屋ジョニー
男前豆腐でも十分インパクトあるのに、豆腐に何故にジョニー??
…なんて実はこういうの結構好きな私イヒヒ
パッケージもおもしろいんだけど、容器の裏もジョニーという浮き彫りの字が!
このお豆腐1つで一体何分笑ったことかわーい
肝心のお味はというと…これがなかなかおいしい!
口当たりなめらかでお豆腐というより豆乳プリンという感じるんるん
かなり量があったけど全部食べちゃいましたチョキ200605071114000.jpg
続いては”がんも番長
”がんも”ではなく”グゥンモォ”と呼ぶのが正しいのかしら!?
そして一番下の文章に『チンしてショウガ醤油にむせて泣く』
…てこれはお薦めの食べ方ですかね??
わたし達は普通に煮物にして食べちゃいましたけど猫2
他にもおもしろい名のお豆腐があるみたいで
いつか全商品を制覇をするのが私の野望でございますぴかぴか
男前豆腐店のHPはこちら
* 21:42 * comments(2) * trackbacks(0) *
| 1/1PAGES |